■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。
レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:20200921

1週間前のこと…

優しそうな父と小学校4〜5年生くらいのお兄さんに、
両方から手をつないでもらって
楽しそうに歩いている男の子がふと目に入りました。
たぶん、3〜4歳くらいかな。

男3人でコンサートに行くのか、
もしかしたらスーパーにショッピングに向かっているのか、
…なんて感じの休日の風景。

おいらは、ドラッグストアに日用品を買いに行った帰りで、
なぜママは一緒じゃないのかな〜?なんてことを考えながら、
嬉しそうなその父母と娘の様子を、
「景色」を見るような感じで眺めていました。


すると突然、
その景色が突然動き出したというか、
まるで動かない絵から手が伸びてきたかのように
男の子がすれ違いざまにそのキラキラした笑顔を、
こっそりとおいらに投げかけてきたんです。

挨拶するでもなく、会釈をするでもなく、
ぼーっと見ていたおいらに彼が笑いかけてくれたのは、
なんだかとても不思議な感じ。

父とお兄さんは、通りすがりのおいらのことなんて
全然気に留めていない様子なのに…

目が合って少し驚いたおいらも、
その子に思わず笑顔を返していました。

今まで「笑顔って大切」とか、
もちろんよく知っていることだし、
人にも幾度となく言ってきたように思う。

でもこんなにも 心にストンと入ってくる笑顔には、
そうそう出会った事がなかったかもしれない。

どうしたら、
あんな笑顔が出来るの?って思った。

彼は、大好きな父とお兄さんに手をつないでもらって、
そのとき 「世界」を完全に信頼しきっていたのかな。

だからこそ、
見知らぬおいらにもあんな笑顔が出来たんじゃないだろうか。

世界を「愛」という視点で見るということは、
まさにこれなのかもしれない…
とおいらは思いました。


ホーム サイトマップ