■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。
レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:20210504

ぐっどいぶにーん♪

減量を行う場合、
食事制限をして
摂取カロリーを減らすわけですが…

中の食事の大原則として
炭水化物から減らすのではなく、
まずは、脂質を減らしていくことが鉄則です。

脂質はカロリーが高い栄養素。
1gのカロリー量が9キロカロリーもあるのです。

炭水化物とタンパク質は1g、4キロカロリーですので、
脂質は約2倍もカロリーが高いことになりますね。

食事のカロリーを減らして行く場合、
脂質をカットするためには、
揚げ物など、脂質の多い食事を摂らないようにしましょう!

これは減量の基本中の基本ですね。
でも出来ていない人が多いのですが…

連日の食事から脂質をカットするだけで、
大抵の人が連日500kcal以上も減らすことができ、
体重は徐々に落ちていくのです。

なので、減量中は、
まずは脂質からカットして、
摂取カロリーを減らしていくようにしましょう。

そして体重が落ちなくなったら、
そこで初めて、炭水化物の摂取量を300kcal程度減らします。

これで、また体重が落ちはじめ、
また体重が落ちなくなったら300kcal程度減らすようにして
摂取カロリーを徐々に減らしていく…

これが
減量中の理想的なカロリーの減らし方なのです。

ただし、
脂分でも良質の脂分は定期的に摂るようにしましょう。
良質な脂分とは、魚に含まれる脂肪分です。

魚の脂肪分は、
同じ脂質でも体質に蓄積し難いという特徴を持っています。

特に鮭には
体脂肪減少効果のある脂肪酸が多く含まれているので、
減量にとっても役立つ食材なんですよ。

おしまい!!!

ホーム サイトマップ