■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?

 

レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。

美少女フィギュアの優良サイト
美少女フィギュアは当サイトへ
http://fig-ad.com/



■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:20200804

2歳になるむすこは
ちょうど言葉を覚え始めたところで、
その少ない語彙でなんとかしゃべってやろうといつも必死だ。

1週間くらい前のこと。
むすこが
「おかあさん、きょう、ゆーふぉーみた」と語りだした。

あまりの唐突な話に、
おれは高鳴る胸を手で押さえながら
ゆっくりとむすこに問う…

「ゆーふぉーみたの?どこで〜?」

「こうえんで。たんぽぽぐみのゆうすけとーはるきとーさとみせんせいとーみた」

時々語尾を伸ばしては
一生懸命そのときの情景を思い出すように話すむすこは
さらにこう続けた…

「ぐるぐるーって、ぐるぐるーって」

口をすぼめてそう言いながら、
脂肪のたくさんついた小さな手を丸めて円を描いている。

おれはさらにむすこに問う。
「ゆーふぉーに誰か乗ってた〜?」

「うん、のってたよ」

「誰が乗ってたのかな〜?」

おそるおそる聞くおれに
むすこは元気いっぱいに答えた。

「おじさん2ひき!」

抱腹絶倒!もうサイコー!
オモシロすぎて少々記憶が飛んだほど…

24時間中、お子様の両親になって幸せだ!!という
この上ない幸福感をおれはかみしめていた。

翌日、保育園の先生に衝撃の事実を明かされ、
おれの幸福感は至福に変わる。

むすこが公園で見たモノは、工事現場で働く車や人たち。
「ゆーふぉー」ならぬ「ユンボー」で、
確かに作業員の男性が2人乗っていたそうな…

なんというおかしさ!
むすこは笑わそうなんて思ってないから、
それがピュアなおかしさを引き出す。

そして、どんでん返しまでおかしかったから感動すらした。
こんなに自然に、
こんなに心から笑うなんて大人になってからあっただろうか。

おれがあんまり笑うもんだから
首をかしげていたむすこも楽しくなってきたようで
ケラケラ笑った。

ホーム サイトマップ