■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。




■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:20200730

おいらは毎年どこかで満開の桜を目にしていますが、
ここ何年かは、その時
「来年はどこで、どんな自分がこの満開の桜を見ているのだろうか?」と思います。

桜の花を見てそんな感情を抱くのは、
思えば入学式や卒業式といった人生の節目、節目には
いつも桜があったからかもしれません。

小学校の入学式…
おいらが今でも覚えているのは、ワクワクドキドキしながら、
着物姿の母と一緒に学校へ行ったことです。

おいらは落ち着きがないというか、ぴょこぴょこジャンプしながら、
そして母にそれをたしなめられながら、学校に行きました。

学校に行く道には、大きな桜の樹があり、丁度桜が満開でした。
これから広がっていくであろう未知の世界、
勉強や、新しい友人などに心を膨らませながら、
新鮮さやすがすがしさを感じた事を覚えています。

中学校の入学式…やはり桜が満開でした。
中学生ぐらいになると、
小学校の時のような新しい環境へのドキドキ感は既にありませんでしたが、
おいらは何となく大人になった新しい自分を感じたことを覚えています。

おいらが特に鮮明に憶えているのは、
大学生の頃、両親と伊豆へ旅行に行ったときです。

おいらは当時、神奈川県に下宿していたんですが、
自分の選んだ進路が本当にこれで良かったのかどうか、疑問に思い続けていて、
少し閉塞気味な感じを持っていました。

そこで、心機一転、下宿先を移る事にし、
その手伝いに父と母が来てくれたのです。

引越しが終わって、両親とともに、車で伊豆半島を一周しました。
西伊豆の辺りは桜の花が満開で、
綺麗な富士山がはっきりと見えたことを覚えています。

どうやら、おいらの記憶に残っている桜は、
新鮮な自分を感じているときなのではないかと思います。

明日はいい日だ。がんばろ~^^
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックお役立ち情報ちゃんねる