■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。




■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:20210111

母親というのは、育児をするために、
お子さんを保護し、干渉し続けなければならないのだが…

それを上手くやっていけば、
お子さんは健全に育って行くと同時に、
健全な反抗を示して、自治領域を拡大していくことになる。

お子さんが自分でやってくれることが多くなれば、
お子さんの脳は自動的に成長する。

しかし、
母親が過保護や過干渉になってしまうと、
お子さんは母親に反抗することもできず、
自治領域を拡大して行くことができない。

そうなると
お子さんは脳を自分で成長させる機会を失うので、
お子さんの脳に深刻なダメージを与えてしまうことになる。

母親としても常にお子さんの世話を焼いているので、
自分では充実した毎日を過ごしているのかもしれないが、
お子さんとしては、歪んだ形で育てられているにすぎないのである。

お子さんを過保護や過干渉を繰り返す母親は、
とにかくお子さんとべったりとくっついている。

しかもお子さんにテレビゲームを与えてしまい、
お子さんはテレビゲームに夢中になって、
お子さんらしい遊びなど何一つしない…

お子さんが自治領域を拡大していないと、
明らかに異常な育ち方をするのだが、
この手の母親には、それが解らないのだ。

親子べったりは、
いずれ親子双方にとって苦痛をもたらす。

お子さんが小学生になれば
お子さんは自分で積極的に物事に取り組まないので、
全てのことに、母親が命令しなければならなくなる。

お子さんの方もそれに慣れてしまうと、
母親に命令されなければ動けなくなるし、
自分ができないものは、母親がやってくれるだろうと思ってしまい、
非常に怠惰な生活を送るようになってしまう。

当然にこのような生活をしていれば、
脳のシナプスは急速に減少して、
非常にバカな大人に育ってしまうのである。
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックお役立ち情報ちゃんねる