■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。




■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:20201028

さまざまな単品減量がありますが、
ぼくは「卵減量」に
チャレンジしたことがあります。

ぼくが卵減量をはじめたのは、
りんご減量よりも卵の方が栄養が摂れそうだから…
という理由からでした。

卵減量は
ゆで卵や目玉焼きなどの卵料理しか食べないという
減量法です。

はじめの頃は、
すごくおいしくて続けられそうだと思ったんですが、
何日か経つと飽きてしまいました。
それでも、なんとか我慢して
7日間ほどは続けてみたんです。

しかし、
ほとんど体重が減っていないことに気がつきました。
でも、ここでやめてはもったいない!
これから効果が現れてくるのでは…と、
卵減量を続けました。

…が、とうとう卵を見るのも嫌になり、
全く卵が食べられなくなり、ほとんど断食状態になってしまったので、
この減量生活を断念しました。

結局14日間、
卵減量を続けたんですが、
なんだか急に肌がカサカサになってしまいました。

このようになってしまったのは、
おそらく油分をほとんど摂っていなかったからだと思います。

人間のからだには、油分も脂肪分もとても必要な栄養素なのです。
それを全く摂らなかったら、
からだのどこかに不調が現れて来るのは当然ですよね。

現在、このような減量方法を行なっている方、
これから試してみようと思っている方、絶対にやめてくださいね。
単品減量で成功することは難しいと思います。

からだの調子を崩してしまっては、
減量どころではなくなってしまいます。
無理な減量はやめておきましょう!

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックお役立ち情報ちゃんねる