■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。

 

ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。



■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:20200723

減量をするなら、
食事について注意を払うことが必要になってきます。

まず減量の基本として、
脂肪分と糖質を、
いかに食べないようにするかがカギになります。

脂肪分については、
摂取したものが体脂肪という形で貯蔵されていきますから、
減量中は控えるべきなんですよね。

揚げ物などの料理を
減量中は、あまり食べてはいけないということは、
なんとなくイメージすることができるでしょう。

でもね、
糖質も、あまりに大量に食べてしまうと
体脂肪に変化をしまうんですよ!

体の中に糖質が取り込まれると、
インスリンというホルモンが体内に吸収しようとします。

インスリンは、糖質を体内に吸収するときに、
体脂肪という形に、糖質を一度合成し直してしまうんですよね。

かつて、
低インスリン減量というのが、
注目されたことがあります。

低インスリン減量は、
インスリンの特質をヒントに考案された減量なのです。

糖質と聞くと、「甘いもの」というイメージを
持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、チーズケーキやお菓子なんかは、
糖質を多く含んでいます。

しかし糖質は、お菓子や甘いものだけではなく、
炭水化物にも多く含まれているんですよ!

炭水化物というと、
ごはんや菓子パンといった、
おいらたちの主食に多く含まれています。
ですから、なかなか量を減らすのは難しいかもしれません。

減量中は、
ごはんや菓子パンの代わりに
野菜をたくさん食べるなどして、
空腹を他の食材でごまかすという方法を探ってみましょう。


ホーム サイトマップ